カートを見る

デザインフロアマットデザインフロアマット

デザインラグデザインラグ

スタイリングスタイリング

読みもの読みもの

HOME読みものラグリエアンバサダー

床が変わると心も変わる クッションフロアDIYでお部屋をもっと素敵にしよう!【ラグリエ第2期公式アンバサダー@asty_styleさまの床DIY編】

ラグリエアンバサダー

床が変わると心も変わる クッションフロアDIYでお部屋をもっと素敵にしよう!【ラグリエ第2期公式アンバサダー@asty_styleさまの床DIY編】

2022.09.26 (最終更新日:2022/09/26)

ラグリエECサイト2周年を記念して募集された第2期ラグリエアンバサダー。

おかげさまで、たくさんの方にご応募いただき、第2期は、

@3k_atze さま

@mauchan_nekonote さま

@aya_woodworks さま

@mii__home さま

@asty_style さま

の、5名の方に務めていただきました。

今回は、@asty_style さまがチャレンジしてくださった床DIYの様子や、ラグリエアンバサダーにご挑戦いただいた感想などをお伺いしましたので、ご紹介します!

実際にDIYされる様子を詳細にレポートしてくださっているので、これからデザインフロアマット(クッションフロア)で床DIYに挑戦される方には、参考になること間違いなしですよ。

また、ビフォーアフターのお写真もありますので、床が変わるとこんなにイメージが変わるんだ!ということを実感していただけましたら幸いです。

\デザインいろいろ!貼り付け簡単!/

ラグリエのデザインフロアマットを見てみる

@asty_style さまのクッションフロアDIY

電気工事士や家具製作技能士の資格をお持ちの@asty_style さま。

築45年のマンションをマイペースにセルフリノベされていらっしゃいます。

今までのDIYでは、漆喰、壁紙張り、壁塗装、フロアタイル、クッションフロア、建具製作、その他家具、電気工事など、洗面所以外ののほぼ全ての場所を施工されたとのこと。

今回は、ラグリエの商品を使って、息子さんのお部屋の床を変えてみたい!ということでアンバサダーに立候補いただきました。

子供部屋クッションフロアDIY

@asty_style さまの投稿

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
息子のお部屋を断捨離しつつ、クッションフロアを@rugrea_official さんのデザインフロアマット 木目アッシュに張り替えました🙂

Beforeは白いクッションフロア。
このクッションフロアは9年前に張ったもの。
わかりづらいかもしれませんが、かなり汚れが目立っています😖

これをはがすと元の床が現れましたが、はがれる両面テープがガッツリ貼りついて、はがれない😱

9年前に貼ったので、さすがにペロンとははがれないようです💧

キレイにはがすと時間がかかってしまうので、おにゅうのクッションフロアはこのまま張ることにしました。

サクサク作業が進んだので、写真を撮る間もなく作業が終わってしまいましたが、細かいところはまだなので、それはまた後ほどpostします。

90cm幅で厚さ1.8mmなので初めてクッションフロアを張ってみよう!という方にも施工しやすくオススメです✨
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

息子さんのお部屋の床にラグリエの「デザインフロアマット(90cm幅のクッションフロア)」でDIYしていただいた@asty_style さま。

剥がせる両面テープでも、貼っている期間が長くなるとはがすのが大変になるんですね。

シックな木目アッシュ柄なら息子さんのお部屋にもぴったり!

床の色目が変わると、お部屋の印象もガラッと変わりますね。

ラグリエのデザインフロアマット『木目アッシュ』

今回、@asty_style さまが選ばれた柄は、グレイッシュな色目がおしゃれな『木目アッシュ』。

落ち着いた雰囲気でワンランク上のお部屋にできるデザインです。

施工場所のお部屋サイズが 260cm × 360cmということでしたので、ラグリエのデザインフロアマット 90cm幅×370cmを3本ご準備しました。

ラグリエのデザインフロアマット『木目アッシュ』

『木目アッシュ』はシンプルで、飽きのこない木目デザイン。

適度なクッション性があるので、床を傷から守ります。

ご自宅のはさみやカッターで簡単に切れるので、お好みのサイズにカットして、簡単に敷くことができ、敷き詰めにも部分敷きにもおすすめです。

継ぎ目処理に技あり!クッションフロアDIY

@asty_style さまの投稿

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
ミッフィーちゃんとサメ次郎に見守られながら、@rugrea_official さんのクッションフロアの続きをしました🐰🦈

ズレ防止にクッションフロアに同梱されてた吸着滑り止めシートを貼ると、両面テープを使用しなくても貼って置くだけでズレないので、賃貸の方でも安心してクッションフロアの施工ができます✨

端をコーキングしようと思っていたんだけど、隙間なくキレイにできてるので今回はやめて、継ぎ目処理だけすることにしました🙂

継ぎ目もいい感じにキレイにできたんですが、めくれあがり防止のため、継ぎ目処理剤を塗布。

継ぎ目からはみ出して塗ると、乾いた時にその部分がペタペタして取れないので(過去に経験アリ😆💦)

塗る前にマスキングテープで保護した方が綺麗に仕上がります👌🏻

浮が気になる場合は、持ち家なら、その部分に両面テープを貼って空気を抜くように真ん中から端へスリスリすると解消できます。

賃貸の場合は吸着滑り止めシートが別売りしているので、浮いている箇所にシートを貼り、同じく空気を抜くようにスリスリすればOK🙆‍♀️

扱いやすいクッションフロアなので、初心者さんにもオススメです♪
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

DIY玄人の@asty_style さまならではの、より綺麗な仕上がりへのポイントが盛りだくさんですね!

継ぎ目処理剤は、先にマスキングテープで保護してから塗った方が、仕上がりが良い…勉強になります。

継ぎ目のめくれあがり防止問題。

ラグリエでもどうしたら綺麗に継ぎ目をなくせるのか、試行錯誤中です。

第2期ラグリエアンバサダー@asty_style さまにお話しお伺いしました!

素敵な投稿、ありがとうございました!
第2期ラグリエ アンバサダーにご挑戦されて、いかがでしたか?

ちょうど息子の部屋の床を変えようと色々な床材を見ていたところだったので、アンバサダーに選んでいただき、とても嬉しかったです。

作業がサクサク進みすぎて、作業工程やちょっとしたコツなどを詳しくご紹介できなかったのが心残りです。

ラグリエのデザインフロアマットの使用感は、いかがでしたでしょうか?

幅が900mmで軽く、ハサミやカッターで簡単にカットできるので非常に作業が楽でした。

サラッとした手触りで、素足で歩くと気持ちがよくとても気に入っています。

今後、クッションフロアDIYに挑戦してみようと思われている方に向けて、メッセージをお願いします。

付属の吸着滑り止めシートを使えば、両面テープを使用せず施工できるので現状回復も簡単。

賃貸にお住まいの方にも安心して使え、DIY初心者の方でも扱いやすいラグリエさんのクッションフロアはとってもオススメです。

床は面積が大きいので、変わるとお部屋のイメージがガラッと変わってとてもテンションが上がり、一気にDIY熱が高まるのでぜひチャレンジしてほしいです。

@asty_style さま、素敵なdiyレポートありがとうございました✨

\デザインいろいろ!貼り付け簡単!/

ラグリエのデザインフロアマットを見てみる

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

『第2期ラグリエアンバサダーの記事』はこちらからどうぞ↓

『第1期ラグリエアンバサダーの記事』はこちらからどうぞ↓

The following two tabs change content below.
hattori

hattori

インテリアやお片付けの本を見るのが大好き。 ラグリエの『読みもの』を通して、ワクワクしたり、毎日の生活がちょっと素敵に、楽しくなるような活動をしていきます!
  • Instagram