カートを見る

デザインフロアマットデザインフロアマット

デザインラグデザインラグ

スタイリングスタイリング

読みもの読みもの

HOME読みものラグリエ部活動

1時間でできた!!地味トイレの床をクッションフロアでオシャレに簡単リメイク

ラグリエ部活動

1時間でできた!!地味トイレの床をクッションフロアでオシャレに簡単リメイク

2020.02.24 (最終更新日:2021/04/09)

うちのトイレ、もっとオシャレにしたいな。
明るくて、可愛い印象のトイレしたいんだけど…。
そんな風に思ったことはありませんか?

小物を飾ったり、グリーンを足してみるのもいいですが、床を変えるとトイレの雰囲気がガラッとかわって、一瞬でトイレがもっと素敵になりますよ。

でも、トイレの床を変えるなんて、なんだか大変そう。
そんな声も聞こえてきそうですが、実は意外と簡単に変えられるんです!

今回は、トイレの床にクッションフロアを敷いて、『簡単におしゃれに』リメイクする方法をご紹介します!

\デザイン色々!トイレの床にぴったり!/

ラグリエのデザインフロアマットはこちらから

クッションフロアをトイレの床に貼る方法

トイレの床を見ると、便器のカーブ、配管のパイプなどがあって、どうやって採寸したり、クッションフロアを切ったりしたらいいか悩んでしまいますね。

今回は、ラグリエスタッフがラグリエで販売している90cm幅のクッションフロアを使って、実際に挑戦してみました!

トイレの床をリメイクするために準備するものは、これだけ!

トイレの床のリメイクで使う必要な文房具や道具

型紙をとるのに必要なものは
・紙
・ハサミ
・テープ(手で切れるマスキングテープが便利)

紙は、画用紙くらいの固さや厚みがあるものが使いやすいのでオススメです。
型紙を作る際は画用紙を貼り合わせて使うので、そんなに大きな紙を用意しなくても大丈夫ですよ。

そのほかクッションフロアを切るのに
・軍手
・カッター
・カッター用の下敷き

クッションフロアは紙を切るハサミでも簡単にカットできるので、カッターは無くてもOKです。

トイレの床を採寸するのに
・定規やメジャー

あると便利なものとして
・鉛筆

これらをご用意ください。

まずはトイレ床の型紙作りから始める!

トイレの床のリメイク前

今回、床をリメイクするのは、こちらのトイレです。

便器の床面のカーブと、左奥に見える配管の金具の部分の型をとるのが難しそうですね。

トイレの床を紙で埋めて型紙を作っていく

では、さっそく型紙用の紙を置いて、紙同士をテープで貼っていきましょう。

トイレの床の型紙作り

トイレのカーブは、紙を押し付けて後を付け、目分量で小さめにカット。
もう一度、床面に置いてみて、まだ型紙が当たってしまうようなら、その部分の紙をカットします。

切りすぎてしまって、トイレと型紙と間が空いてしまっても大丈夫。
そういった時は、その隙間部分に紙の端切れをあてて、便器のカーブに沿うように紙同士をテープで貼ります。

トイレの配管周りの型紙の埋め方

同じような要領で、配管部分も紙同士の間を埋めるように、テープで貼り合わせていきます。

配管周りの細かいところやカーブは「ちぎり絵」のような要領で、少しずつカーブを埋めます。

この作業はちょっと大変ですが、ここさえ乗り切れば後は簡単なので、がんばってください!

便器周りのカーブの型紙作り

なんとか、トイレの床全面を、型紙で埋めることができました。
所要時間は20~30分くらいです。

ここで、ポイント!
型紙の1か所に「おもて」とメモしておきましょう。

型紙を作るときに表と裏をわかるようにしておく

型紙の表裏を間違えると、大変です。

クッションフロアをカットし、いざトイレの床に敷こうとしたら、配管の位置を左右反対に切ってしまった!
なんて悲劇を生まないためにも…。

ちょっとしたことですが、表裏を間違えないように、しっかり印をつけておきましょう。

トイレの床全体が隠れるように、型紙を敷き詰め、表裏の印もつけたら、1~2箇所、壁面から配管まわりや便器まわりに向かって切り込みを入れて、型紙を破らないようにそっと取り外します。

切り込みのカットを入れる箇所は、トイレ入り口側の前方にしてしまうと見栄えが良くないので、トイレ奥側の目立ちにくい箇所に入れると良いです。
トイレの陰になるような、目立たないところでカットしてくださいね。

型紙を使ってクッションフロアをカットします

トイレの床の型紙作り

無事、型紙をトイレから外すことができました!

テープがちゃんと付いてなくて、切り貼りした紙がずれてしまいそうなところがあったら、この時に再度テープを貼って補強すれば大丈夫ですよ。

トイレの床の型紙作り

用意したクッションフロアに作った型紙を置いて、ハサミでカットする線を書きます。

クッションフロアの裏側にカット線を書く場合は、型紙も裏側にしてくださいね。

まず、カット線を書くのに邪魔にならない所に、型紙をテープで数か所とめて、ずれないようにします。

トイレのリメイクで使う床の型紙

クッションフロアの裏面は、鉛筆でも簡単にカット線を書けます。
トイレの入り口や柱面のデコボコも、型紙どおりになぞって書くだけなので、簡単です。

カット線を書き終わったら、その線の通りにハサミやカッターで切ります。
カーブは、ハサミの方が切りやすいです。

手袋をつけてハサミでクッションフロアを切る

クッションフロアの不織布には、伸び縮みを防ぐためにグラスウールという素材が含まれています。
肌に付着するとチクチクする場合があるので、カットする時は長袖で。
軍手も着用されると安心ですよ。

\あなたのお家のトイレはどの床にする?/

ラグリエのデザインフロアマットはこちらから

カットしたクッションフロアをトイレの床に敷く

先ほど、型紙を外すために切り込み線をカットしたように、クッションフロアも1~2箇所切り込みを入れます。

この切り込みにより、配管や便器をよけつつ、トイレ全面に隙間なくクッションフロアを敷くことができます。

リメイク後、配管周りの切れ目も見えにくい

じゃ~ん!!

配管まわり、便器のカーブもきれいにクッションフロアを敷き詰めることができました!
配管の後ろ側に入っている切り込みカット線も、ほとんど目立ちませんね。

トイレ床全体に隙間なく敷き詰めたクッションフロアは、専用糊や滑り止めなどなくても、ずれたりしないので、これで完成です。

トイレの床のリメイク ランタンブルー
ランタンブルー
ぷっくりとしたランタン柄が映える、可愛いトイレになりました!

型紙を作る時は、狭いトイレ内で紙を切ったり貼ったりと作業が少し大変ですが、型紙さえ作ってしまえば、あとは簡単です!

トータルで1時間~1時間半くらいの時間で貼れます。

クッションフロアの柄の向きにも注意しよう

クッションフロアの柄の向きで見た目が大きく変わります

上の写真を見てみてください。
同じホワイトのレンガ柄クッションフロアですが、左側はレンガの柄が縦長になるように敷き、右側は横長になるように敷いてあります。

トイレは区切られた狭い空間なので、クッションフロアの向きによって、印象がかなり変わります。

レンガ柄や木目柄は「縦方向に敷くか、横方向に敷くのか」を、あらかじめよくイメージしてから、必要なメーター数を購入するようにしてくださいね。

色々なクッションフロアでトイレの床を楽しもう!

ラグリエのデザインフロアマットを使って、色々なクッションフロアに挑戦!

同じトイレでも、床が変わるだけで、いろんな印象のトイレになりました。
あなたのイメージに合う、お気に入りの柄が、きっと見つかるはず。

トイレの床のリメイク フレンチクオーツ
フレンチクオーツ(現在は取り扱い終了柄)
カラフルなストーンを埋め込んだタイル柄が可愛い。
トイレの床のリメイク クレール
クレール
ピンクとグレーの配色がオシャレ。
すっきりと洗練された雰囲気になります。
トイレの床のリメイク ポルカドット
ポルカドット(現在は取り扱い終了柄)
不規則なドット柄がポップな雰囲気に。
明るく可愛らしいトイレになりました。
トイレの床のリメイク コルミオイエロー
コルミオイエロー(現在は取り扱い終了柄)
人気のジオメトリック(幾何学)柄。
遊び心あふれる空間に。
トイレの床のリメイク グレーボヘミアン
グレーボヘミア
高級感のある、落ち着いた雰囲気に。
トイレの床のリメイク ストレージエイドメタル
ストレージエイドメタル
ダークグレーのヘリンボーン柄。
大人っぽさ漂う、洗練された空間に。
トイレの床のリメイク メランジェブラウン
メランジュブラウン(現在は取り扱い終了柄)
明るい南国風のイメージにぴったり。
トイレの床のリメイク ルース
ルース
テラコッタのタイルを敷き詰めたような仕上がり。
明るく、優しい雰囲気に。

クッションフロアを変えるだけで、同じトイレでも、全く違う雰囲気になりますね。

クッションフロアを使って、トイレの床を簡単オシャレにリメイクしよう!

トイレは限られた狭い空間なので、床を変えてあげるだけで、ガラッと印象を変えることができます。

また、面積も狭いので、DIYやクッションフロア貼り初心者の方にも、挑戦しやすい箇所だと思います。

型紙を作る作業は、最初の1度だけ頑張れば、2回目以降は同じ型紙、もしくは一度貼ったクッションフロアから型を取ることで、再度、一から型紙をつくる必要はありません。

気分次第で、いつでも気軽にトイレ床のクッションフロアを変えて、模様替えを楽しむことができますね。

ラグリエのデザインフロアマットは、数あるクッションフロアの中でも、可愛くておしゃれな柄を取り揃え、女性でも扱いやすいサイズに加工してあるので、使いやすいのでオススメです。

まずは、お気に入りの柄を見つけてチャレンジしてみてください!
きっと、あなたの家のトイレも、おしゃれで素敵なトイレに大変身させることができますよ。

\デザインいろいろ!トイレの床にもぴったり!/

ラグリエのデザインフロアマットはこちらから
The following two tabs change content below.
hattori

hattori

インテリアやお片付けの本を見るのが好き。 ラグリエの『読み物』を通して、ワクワクしたり、毎日の生活がちょっと素敵に、楽しくなるような活動をしていきたいです。
  • Instagram