カートを見る

デザインフロアマットデザインフロアマット

デザインラグデザインラグ

スタイリングスタイリング

読みもの読みもの

HOME読みものコラム

賃貸OK!クッションフロアDIYで叶える一人暮らしのおしゃれなモノトーンインテリア

コラム

賃貸OK!クッションフロアDIYで叶える一人暮らしのおしゃれなモノトーンインテリア

2022.04.25 (最終更新日:2022/04/27)

モノトーンインテリアはスタイリッシュで清潔感があり、他のテイストにはない究極のシンプルさが魅力です。

色数が少ないぶん生活感を抑えられるため、一人暮らしのお部屋にもピッタリ!

一人暮らし用の賃貸住宅でおしゃれなモノトーンインテリアに仕上げるには、床のデザインが非常に重要です。

今回は、一人暮らしのモノトーンインテリアを叶えるコツをお伝えするとともに、ラグリエおすすめのクッションフロアを3つご紹介します♪

\おしゃれなお部屋は床がつくる!/

ラグリエのデザインフロアマットを見てみる

モノトーンインテリアとは

出典:pixabay

白・黒・グレーでコーディネートしたインテリアのことを、モノトーンインテリアといいます。

一般的に、「モノトーン」というと「白黒」のイメージが強いもの。

しかし、実際のモノトーンインテリアは白と黒2色のグラデーションで構成されるため、グレーも多く用いられます。

一人暮らしのお部屋で理想的なモノトーンインテリアに仕上げるコツ

出典:pixabay

完成度の高いモノトーンインテリアに仕上げるためには、色の配分が非常に重要なカギを握ります

とくに、一人暮らしのお部屋は空間にあまり余裕がないことも多く、どんな色をどの程度使うかによってインテリアイメージがガラリと変わることも。

モノトーンインテリアの配色は、ベースカラー70%・メインカラー20~25%・アクセントカラー5~10%が理想的です。

たとえば、ベースカラーを白・メインカラーを黒・アクセントカラーを赤とすると、バランスのよい美しいモノトーンインテリアに仕上げられますよ!

ベースカラー

お部屋で最も広い面積を占める、基本となる色。

床や壁などの内装や、カーテンなどの大型ファブリック類に使用されます。

モノトーンインテリアでは、白・黒・グレーから1色選んでベースカラーとします。

メインカラー

お部屋の主役となる色。

モノトーンインテリアでは、メインカラーも白・黒・グレーから選択します。

ただし、空間にメリハリを付けるため、メインカラーはベースカラーと異なる色を使うのがポイント。

たとえば、ベースカラーに白を選んだなら、メインカラーは黒またはグレーを選択しましょう。

アクセントカラー

お部屋全体のイメージを引き締める色。

アクセントカラーは「差し色」ともいわれ、少ない割合ながら重要な役目を担っています。

白・黒・グレーの無彩色だけで作り上げるモノトーンインテリアですが、アクセントカラーには赤や青、黄色などの有彩色を取り入れてOK!

とくに、鮮やかな色合いのアクセントカラーは、単調になりがちなモノトーンインテリアに刺激や変化をもたらします。

モノトーンインテリアには3つのベースカラーがある

モノトーンインテリアは、白ベース・黒ベース・グレーベースの大きく3つのベースカラーで構成されます。

ベースカラーをどの色にするかによって、同じモノトーンインテリアでも全く異なる雰囲気に!

ここでは、3つのベースカラーそれぞれの違いをご紹介します。

モノトーンインテリア 初心者さんもチャレンジしやすいのは白ベース

出典:pixabay

白ベースのモノトーンインテリアは明るく清潔感があり、開放的な雰囲気です。

白は圧迫感を与えづらいため、お部屋を実際よりも広く見せられるのも嬉しいポイント。

一人暮らし用の賃貸住宅は壁や天井に白いクロスを採用していることが多く、必然的にベースカラーを白でまとめやすくなります。

モノトーンインテリア初心者さんでも、チャレンジしやすいでしょう。 

ただし、クロスなどの内装から家具、ファブリック類まですべて白で統一してしまうと、モノトーンインテリアではなくホワイトインテリアになってしまいます。

あくまでも、白はベースカラーにとどめ、メインカラーには黒やグレーを選択しましょう。

重厚感がありスタイリッシュな空間を叶えられるのは黒ベース

出典:サンゲツ

黒ベースのモノトーンインテリアは、重厚でムーディーな雰囲気を演出します。

高級感のある独特の世界感で、オリジナリティあふれるお部屋に仕上げたい方にピッタリ。

しかし、壁や天井、床まですべて黒でまとめると、重苦しく圧迫感を感じることも。

黒ベースのモノトーンインテリアでは、ベースカラーの配分を少なく設定すると◎! 

たとえば、床と家具を黒でまとめてカーテンや天井を白にすると、色の重さのバランスをとりやすいでしょう。

空間に抜け感が生まれ、美しい黒をより引き立たせることができますよ。

圧迫感がなくシックで落ち着いた印象なのはグレーベース

出典:pixabay

グレーベースのモノトーンインテリアは、洗練された上品さが魅力。

白ベースよりも落ち着きがあり、黒ベースよりも軽やかな印象で、より優しい雰囲気のモノトーンインテリアに仕上げたい方に最適です。

ひと言にグレーといっても、その色合いはさまざま。

ライトグレーのような明るい色から、ダークグレーのような暗い色まで、幅広いバリエーションで展開されています。

グレーの濃淡だけで、モノトーンインテリアを作ることもできますよ。

ただし、グレーのみだとぼんやりとした印象になりやすいため要注目。

ベースカラーとメインカラーでしっかりコントラストを付けたり、アクセントカラーにビビッドカラーを取り入れたりすることで、よりおしゃれな空間に仕上げられるでしょう。

やりすぎは禁物?モノトーンインテリアをより魅力的に仕上げるコツとは

完成度の高いモノトーンインテリアに仕上げたいからといって、白・黒・グレーだけの配色にとらわれるのはNG。

あまりにも無彩色にこだわりすぎてしまうと、やりすぎ感が出てしまうことも…。

ここでは、より魅力的なモノトーンインテリアに仕上げるコツをご紹介します。

アクセントカラーを上手に使って モノトーンインテリアを格上げ

出典:pixabay

インテリアもファッションと同じく、アクセントカラー(差し色)を上手に使うことでより洗練された空間を叶えられます。

モノトーンインテリアにおすすめのアクセントカラーは、真っ赤や真っ青などの鮮やかなビビッドカラー!

変化に乏しくなりがちなモノトーンインテリアには、パッと目を引く華やかな色がよく映えます。

クッションやオブジェなどの装飾品にアクセントカラーを取り入れれば、ベースカラーとメインカラーのバランスを崩す心配もありません。

空間にほどよくメリハリが生まれ、おしゃれで奥行きのあるお部屋に仕上げられますよ。

植物を取り入れて居心地の良さをプラス

出典:pixabay

モノトーンインテリアは色味が少ないぶん、どうしても冷たく無機質な雰囲気になりがち。

そこでおすすめなのが、生命力あふれる観葉植物です!

モノトーンな空間に植物のグリーンが混ざると、雰囲気が損なわれるのではと思う方も多いでしょう。

しかし、意外と両者の相性は抜群!

植物がモノトーンインテリアの硬質な雰囲気をやわらげ、みずみずしさと癒しをもたらしてくれますよ。

モノトーンインテリアにおすすめのクッションフロア

完成度の高いモノトーンインテリアに仕上げるためには、床が空間にマッチしていることが非常に重要です。

ここでは、モノトーンインテリアにおすすめのクッションフロアを、3つピックアップしてご紹介します。

大理石調の【マーブルストーン】は 洗練された空間にピッタリ

ラグリエ デザインフロアマット『マーブルストーン』

独特のマーブル模様が美しい大理石調のクッションフロアを敷けば、洗練された高級感のある床に早変わり!

床全面に敷き詰めても圧迫感のないデザインなので、床の素材感が強すぎる場合にも大活躍します。

自然な質感と落ち着いた趣で、理想通りのモノトーンインテリアを叶えられますよ。

【ダークスレート】なら高級感のある床が手に入る

ラグリエ デザインフロアマット『ダークスレート』

石材タイル調のダークスレートは、クールな雰囲気のモノトーンインテリアに最適! 

硬質な雰囲気で重厚感があり、クッションフロアとは思えない高級感のある床を演出します。

とくに、黒に近いダークな床材は、一人暮らし用の賃貸住宅ではなかなかお目にかかれないもの。

床全面に敷き詰めるのはもちろん、部分的に敷いてベースの床材とのコントラストを楽しむのもおすすめです。

ラグマットのような雰囲気で使えるのは【グレーボヘミア】

ラグリエ デザインフロアマット『グレーボヘミア』

アンティーク調の落ち着いたデザインのグレーボヘミアは、ベースカラーを問わず使える汎用性の高さが魅力です。

絶妙なグレーカラーでモノトーンインテリアを引き立て、ワンランクアップした空間を叶えます。

ラグマットのように部分使いすれば、空間にさりげない温かみをプラスできますよ。

クッションフロアは、ラグリエのデザインフロアマットがおすすめ!

ラグリエのデザインフロアマットなら、一人暮らし用の賃貸住宅でも気軽に床の雰囲気を変えられます。

半裁しているので持ち運びやすく、DIYもラクラク♪

また、付属の吸着滑り止めシートで簡単に床に貼り付けられるうえ、剥がす際にあと残りすることもありません。

原状復帰を求められる賃貸住宅でも、安心して床に敷くことができますよ!

床もモノトーンで統一してハイセンスな空間作りを!

モノトーンインテリアには、白ベース・黒ベース・グレーベースの大きく3つタイプがあります。

ベースカラーによってまったく異なる雰囲気を楽しめるため、インテリアの好みや作り上げたいイメージに合わせて配色しましょう。

また、より完成度の高いモノトーンインテリアに仕上げるには、空間にマッチするデザインのクッションフロアを敷くのがおすすめ! 

ラグリエのデザインフロアマットなら、一人暮らしの賃貸住宅でも簡単に理想の床が手に入りますよ。

今回は一人暮らしのモノトーンインテリアを叶えるコツと、おすすめのクッションフロアをご紹介しました。

ぜひ、一人暮らしのインテリアの参考にしてくださいね!

\デザインいろいろ!おしゃれなお部屋づくりをお手伝い/

ラグリエのデザインフロアマットを見てみる

=====================

こちらの記事もおすすめです↓↓↓

The following two tabs change content below.
赤田加奈子

赤田加奈子

ヤンチャな大型犬と一緒に暮らす、転勤族のフリーライター。 現在はインテリア関連の記事を中心に、幅広く執筆しています。 家具やインテリア用品の販売経験をもとにした、小技の効いたインテリアの楽しみ方をご提案します!
  • Instagram