カートを見る

デザインフロアマットデザインフロアマット

デザインラグデザインラグ

スタイリングスタイリング

読みもの読みもの

HOME読みものコラム

ナチュラルテイストで簡単&おしゃれな部屋作り インテリアと床の選び方

コラム

ナチュラルテイストで簡単&おしゃれな部屋作り インテリアと床の選び方

2021.11.15 (最終更新日:2021/11/22)

「おしゃれな部屋に住みたい」と思っても、どんなインテリアを選んだらいいのか、部屋のどの部分を変えたらいいのか、具体的にイメージできない人は多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが「ナチュラルテイスト」の部屋作り。

「ナチュラルテイスト」を意識して取り入れれば、インテリア初心者さんでもおしゃれな雰囲気を出しやすくなります。

バランスや色合いにこだわりすぎず、ちょっとしたポイントを意識するだけで素敵なお部屋を作ることができますよ。

今回は、ナチュラルテイストのお部屋を作るためのインテリア選びのポイントをご紹介します。

ナチュラルテイストの部屋・インテリアってどんな雰囲気?

出典:サンゲツ

「ナチュラルテイスト」は一般的に白を基調とした明るい雰囲気のことをいいます。

白やベージュ、薄い茶色などを基調としたカラーと、自然素材を多く取り入れるのが特徴です。

色味を入れるとすれば、クッションや小さめのウォールファブリックなどを使って、ワンポイントで取り入れるとバランスが良くなります。

ナチュラルテイストは優しい雰囲気で、部屋に取り入れることでリラックスできる空間を作ることができます。

老若男女問わず、居心地の良さを感じられるでしょう。

日本の住宅は壁紙に白、床材に明るい茶色を使うことが多いため、ナチュラルテイストの部屋を作りやすいといえます。

部屋のベース色がナチュラルカラーであれば、カーテンやインテリアを意識して選ぶだけで、手軽にナチュラルテイストの部屋が作れます。

もともとナチュラルテイストが好きな人のほか、インテリアに興味はあるけどどんな部屋にしようか迷っている人、費用や手間を抑えておしゃれな部屋を作りたい人におすすめです。

ナチュラルテイストの部屋作り!インテリアの選び方

出典:サンゲツ

それでは「ナチュラルテイストの部屋にしたい」と思ったとき、インテリアはどのように選べば良いのでしょうか。

意識したいポイントは5つ。すべて完璧にできなくても、少しずつ意識するだけでナチュラルでおしゃれな部屋に近づけるので、できるところからやってみてくださいね。

家具や床は自然素材にこだわる

出典:unsplash

ナチュラルテイストの部屋をつくる際、まず意識したいのが「家具」です。

とくにソファーやベッド、背の高い椅子などの大きめの家具は、部屋のどこにいても目に入るもの。そのため室内の印象を左右する重要なアイテムといえます。

家具は木製、あるいはラタンなどの天然素材のものを選びましょう。また、同じ木製でも木目が目立つもの、自然な凹凸が残っているものを選ぶと、よりナチュラルテイストを強く出すことができます。

床も同様に、木目がはっきり見えるものを選ぶのがポイントです。

花や植物を積極的に取り入れてみる

出典:unsplash

花や観葉植物など「自然そのもの」のアイテムは、ナチュラルテイストな部屋と相性抜群。

テーブルの上や棚の上など、目に入りやすい場所に飾ってみましょう。

ポイントは色数を抑えること。部屋の統一感を考えるなら、ニュアンスカラー(中間色)を意識して飾ってみてください。

ハンドメイドやクラフト(工芸)アイテムとの相性も◯

出典:unsplash

ナチュラルテイストの部屋には、ハンドメイドのアイテムやクラフト(工芸品・民芸品)アイテムが映えます。

木製のオブジェやペーパー・ラタンの手編みかごなど、作った人の顔を想像できるようなアイテムがおすすめです。

ただし、小物は行き先を考えずに増やしてしまうと部屋がごちゃごちゃして見えやすいため、色を揃える、色ごとにエリアを決めるなどの工夫を心がけてみてくださいね。

迷ったら「クールさ」よりも「あたたかみ」をチョイス

出典:unsplash

ナチュラルテイストの部屋の良いところは、優しい印象やぬくもり感、気取らない美しさなどです。

アイテム選びに迷ったら、テーマから逸脱しないよう、優しい雰囲気のもの、温かみのあるものを選ぶのがおすすめです。

たとえば寒色と暖色なら、暖色。丸と三角なら、丸。ふわふわとツルツルなら、ふわふわ。

というように、小さなアイテムを選ぶ際にもテーマを大切にすることで、統一感があり素敵な部屋を作ることができます。

照明は明るく自然な印象のものを

出典:unsplash

照明は人工的な明かりでなく、木や布製の照明がおすすめです。

昼間はあまり意識することがないかもしれませんが、日が暮れた後、照明はお部屋の主役級アイテムとなります。

木や布でできた照明は優しい明かりとなるため、ナチュラルテイストの部屋によくなじみます。

ナチュラルテイストのおしゃれな部屋 ポイントは「床」!

出典:unsplash

ここまで、ナチュラルテイストの部屋作りのポイントを見てきて「もうやっているのに、なんだかおしゃれじゃない」と思った人もいるかもしれません。

そこでおすすめなのが、床に少し手を加える方法です。

部屋の中でも床・壁・天井は面積が大きく、部屋の印象に大きく影響するため、ここに手を加えることでおしゃれさがぐんとアップします。

天井や壁に変化をつけようとすると、大掛かりなリフォームが必要となりますが、床はクッションフロアを使えば簡単にイメージを変えられますよ。

また、クッションフロアの設置方法は「敷くだけ」なので、床を傷つけることがありません。賃貸住宅にお住まいの方や、床に傷をつけたくない方にもおすすめできます。

くすみカラーのタイル柄【フリーゼ】マットで変化をプラス

ラグリエ デザインフロアマット『フリーゼ』

ナチュラルテイストの部屋にちょっとした変化をつけるなら、くすみカラーのタイル柄フロアマットがおすすめです。

ラグリエのデザインフロアマット『フリーゼ』は、素焼きタイルにアンティークレースや植物などの型押しを施したデザイン。

花やレースの型押しがランダムにつなぎ合わせてあり、優しく温かみのあるタイル柄です。

お部屋の基本色となる白や茶色となじみやすく、部屋の中心に敷いても端に敷いても素敵な空間を作ってくれます。

おしゃれなヘリンボーン柄【オーク】の床で個性的に

ラグリエ デザインフロアマット『オーク』

ニシンの骨(Herringbone)に模様が似ていることから名付けられた「ヘリンボーン」は、高級感と上品さを持っているのに親しみを覚えるお洒落なデザイン。

ここ数年は特に床や壁材で大人気となっている注目のデザインです。

印象的なヘリンボーン柄を取り入れることで、シンプルなお部屋に個性が生まれます。

「床全面をヘリンボーンにするのは個性が強すぎる…」という人でも、デザインマットを使って部分的に取り入れれば、ちょうど良いおしゃれ感を楽しめるでしょう。

木目調のマット【メープル】で優しく癒しの空間を

ラグリエ デザインフロアマット『メイプル』

お部屋の床が無機質な素材の場合は、ワンポイントでも木目素材を取り入れましょう。

ラグリエのデザインフロアマット『メイプル』は、爽やかでクリーミィな色調が人気の柄。節や杢目が上品で、北欧インテリアやナチュラルテイストにも合う色味です。

メイプルカラーのデザインマットなら居心地のよい空間を簡単に作ることができます。

インテリア初心者〜上級者まで楽しめるナチュラルテイストの部屋づくり

出典:unsplash

ナチュラルテイストの部屋づくりは、初心者でも取り組みやすく、リラックスしやすい雰囲気が作れるのが特徴です。

今回ご紹介した部屋づくりのポイントと、クッションフロアを取り入れて、素敵な部屋を作りましょう。

ラグリエのデザインフロアマット(クッションフロア)なら、お部屋のイメージを部分的に変えたいときにも手軽です。

女性でも取り扱いやすく、すべり止めシートで簡単に床に固定できるので「インテリアを楽しみたい」と思い始めた人ばかりの人にもおすすめできますよ。

インテリアやお部屋づくりを身近にしてくれるデザインフロアマットを取り入れて、毎日過ごす部屋を素敵に彩ってみましょう。

\デザインいろいろ!吸着すべり止めシート付!/

ラグリエのデザインフロアマットを見てみる

==================

こちらの記事もおすすめです!

  • Instagram